猪木 vs ブロディの連戦シリーズ

1985年、長州達が全日本に参戦し新日本はかなり厳しい状況になった。
さらに豪華外国人軍団、注目のウォリアーズも初来日。
しかし新日本は両国国技館のプロレス初興行を狙うも
相撲よりさきに使おうとし怒りを買い全日に取られる。
裏目裏目に来たがブロディの参戦でかなり盛り返す。

新日本の両国国技館初興行になった4.18のメインで
一騎打ちが組まれ緊張感のある試合になった。

両者リングアウトとなり決着をつけるべく終盤の
大阪城ホール、最終戦・両国国技館で一騎打ちを行うことになった。
posted by 昭和プロレス at 06:45 | 猪木のバーニングスピリット